トップ > 仲野太賀 > 映画「海を駆ける」Blu-ray

  • 映画「海を駆ける」Blu-ray
  • 映画「海を駆ける」Blu-ray_1
特典付き

映画「海を駆ける」Blu-ray

¥6,380(税込) 商品番号:DC-688

在庫 個数  

○:在庫有り △:残りわずか □:在庫確認中 ×:SOLD OUT
☆:お取り寄せ(お届けまでにお時間がかかります)

仲野太賀出演 映画「海を駆ける」Blu-ray 販売中!
 
【商品詳細】
■発売日:2018年12月5日(水)
■販売元:アミューズ
■仕様:ディスク2枚(本編107分)
■特典映像:深田晃司監督短編作品「8月のアチェでアリさんと話す」(企画:ぴあフィルムフェスティバル)/メイキング&現地撮りおろしインタビュー/予告編集(予告/特報) /舞台挨拶(完成披露,東京初日@テアトル新宿)
 
★スターダストショッパーズ特典
仲野太賀 劇中生写真

 
【作品概要】
日本からアチェに移住し、NPO法人で災害復興の仕事をしながら息子タカシ(太賀)と暮らす貴子(鶴田真由)。タカシの同級生のクリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、正体不明の日本人らしき男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に急ぐ。
記憶喪失ではないかと診断された男は、結局しばらく貴子が預かることになり、海で発見されたことから、インドネシア語で「海」を意味するラウと名付けられる。ほかには確かな手掛かりもなく、貴子とイルマはじめ、タカシやクリス、サチコも、ラウの身元捜しに奔走することになる。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。その周りでは少しずつ不可思議な現象が起こり始めていた…。
 
【キャスト】
ディーン・フジオカ
太賀
阿部純子
アディパティ・ドルケン
セカール・サリ
鶴田真由
ほか(敬称略)
 
※こちらの商品を「クレジット」にてご購入頂く場合は決算処理上の都合により、2018年10月5日(金)以降にお申し込みをくださいますよう、よろしくお願い致します。なお、2018年10月5日(金)より前に「クレジット」にてお申し込みをされた場合は、再度ご注文を頂く場合がございますので予めご了承ください。
※商品仕様・内容は告知なく変更になる場合がございます。
※発売日が異なる商品をまとめてご注文頂いた場合、すべての商品が揃い次第の発送となります。予めご了承ください。

 
 
PAGE TOP